ここから本文です

「日本一!」こども歌舞伎の白浪五人男に大声援、昨年のキャラさみっとでも披露 羽生で郷土芸能発表会

2/13(火) 10:31配信

埼玉新聞

 埼玉県羽生市の郷土芸能発表会(同市教育委員会、実行委員会主催)が11日、同市産業文化ホールで開かれ、芝居や獅子舞、太鼓など市内から8団体が参加した。市こども歌舞伎保存会が「白浪五人男 稲瀬川勢揃いの場」を演じ、大きな声援を浴びた。

 発表会は今年で10回目。こども歌舞伎は同市喜右エ門新田の八幡神社秋祭りでの出演が知られている。昨年は「世界キャラクターさみっとin羽生」でも披露された。市立三田ケ谷小学校の5人が白浪五人男になり、見せ場の長いせりふの後、見えを切った。「いいぞ、日本一!」の声が上がった。

 日本駄右衛門役の横田海琉君(6年)は「5人で動きを合わせるところがポイント。気持ち良く演じられたので良かった」とにっこり。

 太鼓では、三田ケ谷の羽生太鼓みやびや下岩瀬の下岩瀬白山太鼓保存会が出演した。みやびの代表で発表会実行委員長の藤原浩司さん(57)は「みやびは小学生から高齢者まで幅広い層で頑張っている。会を結成して今年で10年になるが、発表会の歩みと重なる」と感慨深そうだった。

最終更新:2/13(火) 10:31
埼玉新聞