ここから本文です

新オーディオブランドAr:tio、イヤホンCU1を1万2900円で発売

2/13(火) 20:02配信

Stereo Sound ONLINE

ケーブル途中での着脱式リケーブルスタイルを採用

 TTRは、日本発の新オーディオブランドAr:tio(アルティオ)の取扱いをスタートした。第1弾としてMADE IN JAPANのカナル型イヤホン「CU1」を2月23日に発売する。価格はオープンで、想定市場価格は1万2900円前後。e☆イヤホンやフジヤエービックの各店で販売する。

【画像】着脱式のケーブルによりリケーブルに対応

 Ar:tioのブランド名は、ラテン語の「人間の研鑽による成果物」を意味する「Ars」と、「理想の創造物」の「Creatio」から構成されている。

 CU1は、ドライバーにφ10mmダイナミック型を搭載する。これに独自のイコライザー機構「a.i.m」(Absorbing Ideal Mechanism)を組み合わせているのが特長だ。a.i.mは特定周波数を吸収する構造となっており、これをドライバーユニットの前面に配置することで、歪みを抑えた自然な高域再生を実現したという。

 本機はリケーブルにも対応しているが、着脱のポイントがケーブルの途中に設けられている。ハウジングから伸びるケーブルは長さ0.4mで、2.5mm4極バランスのオスプラグを備える。そこに付属の2.5mmメス→3.5mmステレオミニの延長ケーブル(0.8m)を繋いで使用する。

 さらに、リケーブルとして2.5mm4極バランスケーブル「φ2.5mm 4 POLE BALANCE CONVERSION CABLE」と、4.4mm5極バランスケーブル「φ4.4mm 5 POLE BALANCE CONVERSION CABLE」が3月末に発売予定となっている。想定市場価格は各5000円前後。

 また、本機はMADE IN JAPANの製造・品質管理を謳っており、自然故障については生産終了まで無償対応を行なうとしている。

Stereo Sound ONLINE

最終更新:2/13(火) 20:02
Stereo Sound ONLINE