ここから本文です

日産が2018年のモータースポーツ体制を発表!ハセミがGT500参戦へ

2/13(火) 14:53配信

オートックワン

日産およびニッサン・モータースポーツ・インターナショナル(ニスモ)は、EVモータースポーツ フォーミュラEへのデビューやスーパーGTの体制変更など、日産/ニスモの2018年モータースポーツ活動を発表した。

【写真】王座奪還に向けテスト走行を重ねるMOTUL AUTECH GT-R

片桐隆夫 ニスモ社長 兼 最高経営責任者コメント

「我々の活動の核となってきたスーパーGTでは、車両、チーム、ドライバーと多くの見直しを図りました。今年は開幕戦から好スタートを切り、日産系全チームが、GT-Rの名にふさわしい力強いレースをお見せするシーズンにしたいと思います。開発を進めてきたGT3の2018年モデルもいよいよデビューしますので、その活躍を期待しています。また、NISMOロードカーを使ったNISMOドライビングアカデミーの拡充や、全日本ラリーをはじめとしたグラスルーツカスタマーへの支援も行い、NISMOロードカーの支援も行ってまいります。新たなチャレンジとなるフォーミュラEへの参戦は、『ニッサン・インテリジェント・モビリティ』をNISMOがサポートする機会となります。大きなチャレンジですが、観る人を魅了する走りができるよう、こちらも全力で準備を進めてまいります」

フォーミュラE選手権

日産は、日系自動車メーカーとして初めて、2018年12月ごろから開幕するシーズン5から「ABB FIA フォーミュラE選手権」にデビューする。3月に行われるジュネーブモーターショーで車両のカラーリングを公開し、ドライバーやチーム体制などの詳細については今年後半に発表となる。

シーズン5以降、同選手権では、新たなシャシーとバッテリーのコンビネーション、そして新規に公認されるパワートレインを使うことになるため、これまでのようなレース中の車両の乗り換えはなくなる。

スーパーGT GT500

日産/ニスモは、スーパーGT GT500クラスのシリーズチャンピオン奪還を狙って、日産系チーム体制及びドライバーラインアップの強化を行った。NISMO、TEAM IMPUL、KONDO RACINGに加え、NDDP RACING with B-MAXがGT500クラスに参戦を開始する。

ドライバー体制は、どのチームもチャンピオン争いができるよう、布陣を見直した。2014年、2015年と2年連続でシリーズチャンピオンを獲得し、2017年はわずか2ポイント差で2位となったNISMOは、松田次生とロニー・クインタレッリに再び日産のエース車両である23号車を託す。

また、GT500クラスに新規参戦するNDDP RACING with B-MAXには、コンビを組んで3年目となるベテランの本山哲と千代勝正を配した。TEAM IMPULには今季、佐々木大樹が移籍し、GTアカデミー卒業生でIMPUL2年目のヤン・マーデンボローとともに戦う。KONDO RACINGは、ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラが、昨年全日本F3選手権でチャンピオンを獲得しGT300クラスからステップアップした高星明誠と組んで、更なる上位進出を狙う。

なお、日産系チームの総監督は、ニスモ常務執行役員の田中利和氏が引き続き務める。


【2018年型NISSAN GT-R NISMO GT500】

車両規則が変わって2年目となる2018年型NISSAN GT-R NISMO GT500は、以下の進化を遂げた。

・車両中央部の空気の流れの最適化をはじめ、更なる空力性能向上
・エンジンの更なる出力と耐久性向上を図ると共に、ドライバビリティを向上
・性能向上した空力及びエンジンを中心に、変更可能な部位は全て見直してトータルで車両性能を引き出すように最適化
・シーズンオフテスト初期から新部品を投入して鍛え上げ、4台のNISSAN GT-R NISMO GT500が4月に岡山で行われる開幕戦からトップ争いできる車両を目指す


【チーム体制】

◆23号車 NISMO
監督:鈴木豊
ドライバー:松田次生/ロニー・クインタレッリ
マシン名:MOTUL AUTECH GT-R
タイヤ:ミシュラン

◆3号車NDDP RACING with B-MAX
監督:長谷見昌弘
ドライバー:本山哲/千代勝正
マシン名:CRAFTSPORTS MOTUL GT-R
タイヤ:ミシュラン

◆12号車 TEAM IMPUL
監督:星野一義
ドライバー:佐々木大樹/ヤン・マーデンボロー
マシン名:カルソニック IMPUL GT-R
タイヤ:ブリヂストン

◆24号車 KONDO RACING
監督:近藤真彦
ドライバー:ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ/高星明誠
マシン名:フォーラムエンジニアリングADVAN GT-R
タイヤ:ヨコハマ

1/2ページ

最終更新:2/13(火) 18:03
オートックワン