ここから本文です

もう対戦相手がいない!那須川天心、「神童」から「最強」へ “ムエタイの頂点“を撃破し快挙達成

2/13(火) 17:01配信

AbemaTIMES

“神童”那須川天心が、またも快挙を達成してみせた。キックボクシングイベント『KNOCK OUT』の大田区総合体育館大会(2月12日)。今年初戦を迎えた那須川の相手はタイのスアキム・シットソートーテーウ。スーパーバンタム級の選手ながら、強すぎて相手がいないために2階級上のチャンピオンと闘い、それでも勝つほどの実力を持つ選手だ。

那須川自身、スアキムを「これまでで最強の相手」だと認めており、試合前には怖さも感じていたという。

しかも、スアキムの強さは「想像以上でした」と那須川。蹴りの強烈さに加え、パンチを当ててもダメージを顔に出さずに前に出てくる。それでも那須川は、前進してくるスアキムの攻撃をしっかりディフェンスしながらローキックとパンチをヒット。ボディへの攻撃は「絶対効いてた」と言うほどの手応えがあった。

苦しんだとはいえ、相手はムエタイの頂点。五角以上に渡り合い、パンチを当ててジャッジのポイントも得て3-0の判定勝ちだ。こんな結果を出すことができる選手は、他にいないと言っていい。

「自分との闘いに勝てた。出し切りました」と試合後の那須川。今までで一番嬉しい勝利でもあるという。

ここまでくると、もはや対戦相手を探すのが難しい状況か。那須川の目下の難関は卒業を控えての高校のテスト。「赤点さえ取らなければ」と関係者を笑わせつつ、少し憂鬱そうな顔を見せたのだった。今年20歳。ファイターに専念することで、さらに強さを増した姿が見られるだろう。

文・橋本宗洋

最終更新:2/13(火) 17:01
AbemaTIMES