ここから本文です

ジェット・エンジンを真後ろからのぞくと超グロいことに!

2/13(火) 12:10配信

ギズモード・ジャパン

そりゃまぁこんなに近けりゃ……ねぇ。

かつては2,500度に発熱するライトセーバーや、33kgの激重のムジョルニアを作ったthe Hacksmith。今度は、かねてより『アイアンマン』のように空を飛ぼうというチャレンジの流れで、ジェット・エンジンを手に入れました。

そこで、このエンジンがどれほどの威力なのか、ゴムで成形したゾンビの胸像を置いて試してみることにしたのです。さてさて、このゾンビの運命は…? 動画(https://www.gizmodo.jp/2018/02/jet-engine-behind-movie.html)の9:20あたりから要注目ですよ~。

まるで80~90年代のホラー映画ですね。

アイアンマンのような赤いボディーのエンジン。本番前はテストとして暖機運転を行ないました。ですが、それだけであっという間にディーゼル燃料1Lを消費。燃費が悪いというより、パワーが凄まじいからでしょう。

説明書には、エンジンから約4.6m離れていないと危険だと書かれています。ですが、ほかの実験に使ったゾンビの胸像を30cmほど真後ろに設置してみることに。エンジンの温度が600度まで上昇しただけあって、ゴム皮が全部消えてしまいました。

続く発泡スチロール製の顔も、さすがのパワーで溶けてフッ飛び、焼こうとしたフランクフルトも串からはがれるように飛んでいきます。

今後は、このジェット・エンジンと電気ダクテッドファンを組み合わせて空を飛ぶことを計画中のthe Hacksmith。一体どうなるんでしょうかね?


Image: YouTube
Source: YouTube

Andrew Liszewski - Gizmodo SPLOID[原文]
(岡本玄介)