ここから本文です

瞬時に情報を変更、便利なお知らせも表示できるデジタル・ナンバープレートがアメリカで実用化

2/13(火) 19:14配信

ギズモード・ジャパン

白黒の電光掲示板になります。

アメリカで125年の間ずっと使われてきた鉄板のナンバープレートが、デジタル表示に変わろうとしています。

【画像】瞬時に情報を変更、便利なお知らせも表示できるデジタル・ナンバープレートがアメリカで実用化

それがREVIVER AUTO社が作る「RPLATE PRO」。絶対に必要な情報から、あったら便利なお知らせまで、「RConnect」という通信機能によりさまざまな表示をしてくれるのです。

便利なことは盛り沢山。白黒反転表示が自由なのはさておき、自分や国交省が支持する啓蒙活動や企業広告を表示したり、試運転中や仮ナンバー、登録期限切れのお知らせ、さらには事件を起こして逃走中の自動車の特徴を呼び掛けたり、駐車許可証、障害者プレート、災害注意報に加えて、盗まれた場合は自らが盗難車であることを表示しながら走ることも可能になるのです。

Responceによりますと、このデジタル・ナンバープレートはデトロイトモーターショー2018にて発表され、カリフォルニア州のフォードの大手ディーラーが一番乗りで採用を決定。2018年だけで10万枚のプレートがフォード車に使用される予定なのだそうです。

カリフォルニア州とアリゾナ州ではすでにテストも行なわれ、テキサス州とフロリダ州は合法となっています。これを皮切りに爆発的な普及が見込めそうです。

ちなみにですが、筆者はロサンゼルスで暮らしていた時、登録期限を示すステッカーが盗まれ、さらには警察からチケットを切られるという要らぬトラブルに巻き込まれたことがあります。あの時にこのデジタル・ナンバープレートが欲しかった……!!

きっとスグこのプレートをハックして、「テトリス」や「スーパーマリオ」なんかをプレイする輩が出てくることでしょう。むしろそっちに期待したいかなと思ってみたり?


Image: Vimeo
Source: Responce, Vimeo, REVIVER AUTO

(岡本玄介)