ここから本文です

ネイマールも登場!ナイキスパイク新「マーキュリアル 360」発表会 in ロンドン

2/13(火) 21:00配信

bouncy

今年で発売から20周年を迎えた、ナイキの人気のサッカースパイク「マーキュリアル」。この度、革新的な変化を遂げて「マーキュリアルスーパーフライ 360」と「マーキュリアル ヴェイパー 360」として、 2 月 15 日より NIKE.COM 並びに KAMO.COM、 さらに 2 月 16 日よりその他先行販売対象店舗にて先行販売を行うことが発表された。また 2 月 26 日より NIKE.COM と一部専門店にて一般発売を開始する。

発売に先駆けた2月7日(現地時間)に、イギリス・ロンドンではナイキによる豪華ゲストやコンテンツ盛りだくさんのイベントが開かれた。

速さを重視した「マーキュリアル 360」の進化した部分とは?

多くのサッカー選手にも愛される「ナイキ」のイベントらしく、現ブラジル代表のネイマール氏が新マーキュリアルと同じカラーのマクラーレンの乗って会場に到着。

特設ステージが組まれた発表会場では、スモークや照明と共に頭上から何足もの新マーキュリアルが降りてくるといド派手な演出の中、その間をネイマール氏や他の選手たちがピッチに入るようなフォーメーションでステージに上がった。初めて新マーキュリアルを試したネイマール氏は、まだ開発段階だったシューズを履いた瞬間に、「今ずぐ外に出て走ってみてもいいか」と担当者に尋ねたという。

新マーキュリアルは、サッカーのプレイに必要な速さを重視し、スパイクの中で1mmも足がずれないよう完全にフィットするようにソールプレートが靴と一体化している。今まではサイズ9(27.0cm)を基準に作られていたが、コンピューターを使って各サイズごとにプログラミングされ、全てのサイズの骨格にフィットする設計に進化。

アッパー部分は、ナイキのランニングシューズに使用されていたフライニットを使用し、足を包み込むような感覚を生み出している。また今までと違い、ニットを編む前に糸に色を入れ、手触りもより優しくなり、軽量で悪天候にも対応しているという。

靴裏の前足部は全方向に加速でき、かかと部分は、一瞬でストップできるチーターからインスパイアされたスタッドとなっている。実際にシューズを試したプレイヤーのフィードバックからは、スパイクが足と連動してその存在感を無くしてしまうように感じられたそう。

1/2ページ

最終更新:2/13(火) 21:00
bouncy