ここから本文です

雪の影響で列車運休や遅れ相次ぐ 福島県内、磐越西線など

2/13(火) 11:25配信

福島民友新聞

 福島県内のJR各線は12日、雪の影響で列車の運休や遅れが相次いだ。
 JR東日本福島支店によると、奥羽線は庭坂―米沢間上下線で普通列車12本が運休、山形新幹線上下線3本が最大53分遅れた。約1400人に影響した。
 磐越西線は喜多方―新津間上下線で普通、快速列車計37本が運休、計8本が最大1時間30分遅れた。約3300人に影響した。只見線は小出―只見間上下線で普通列車6本が運休、5本が最大50分遅れた。約300人に影響した。
 JR磐越西線の新津―喜多方間、只見線の小出―只見間は13日、除雪作業のため上下線で午前中の運転を見合わせる。午後からは通常通り運行する予定。JR東日本新潟支社が12日、発表した。

福島民友新聞

最終更新:2/13(火) 11:25
福島民友新聞