ここから本文です

羽生&井山、2人の「七冠」が国民栄誉賞 羽生“永世七冠”「長い歴史と伝統にいただいた」井山七冠「国と国とのつながりの役に」

2/13(火) 18:53配信

AbemaTIMES

 将棋界で初の「永世七冠」を達成した羽生善治竜王(47)と、囲碁界でタイトルを独占する井山裕太七冠(28)が2月13日、そろって国民栄誉賞を受賞し、記者会見に臨んだ。羽生竜王は、8大タイトルのうち永世資格がある7つのタイトルですべて条件をクリアする「永世七冠」を、昨年12月に史上初めて達成。井山七冠は昨年10月、将棋・囲碁界通じて初めて、2度目となるタイトル独占を果たした。

 会見で羽生竜王は「将棋の世界も囲碁の世界も、長い歴史と伝統を有している。その背景も含めて評価していただいたのではと思います。個人ということではなく、1つの世界として大きな形をいただいたと認識しています」と将棋界全体での受賞と強調した。また井山七冠は「囲碁は世界的にもどんどん普及しておりまして、愛好家も多い。国境を越えた国と国とのつながりに少しでもお役に立てれば」と、世界の橋渡し役を務めると誓っていた。同日行われた表彰式では、安倍晋三首相から記念品などを贈られた。

 羽生竜王は1985年12月に史上3人目の中学生棋士としてプロデビュー。1996年には将棋界初となる7大タイトルを独占。タイトル通算99期、一般棋戦優勝44回など、数々の記録を保持している。

 井山七冠は2002年、中学1年時にプロ入り。史上最年少記録16歳4カ月で全棋士出場の棋戦で優勝を果たすと、20歳4カ月で最年少名人に。2016年には囲碁界初の七冠独占を果たした。名誉棋聖、二十六世本因坊、名誉碁聖と3つの名誉称号の資格も保持している。

最終更新:2/13(火) 20:04
AbemaTIMES