ここから本文です

左腕3本柱 競い成長 ベイスターズ春季キャンプ

2/13(火) 6:34配信

カナロコ by 神奈川新聞

 横浜DeNAベイスターズの春季キャンプ第3クール第3日は12日、沖縄県のアトムホームスタジアム宜野湾で今キャンプ初の紅白戦を行った。開幕投手候補の今永、石田、浜口の左腕トリオがそろって登板。今永、石田はそれぞれソロ本塁打を2本を浴びて3回2失点だったが、直球に力があり順調な調整ぶりを見せた。浜口は制球にやや苦しんだものの、無失点に抑えた。

 野手組では新加入のソトが2打席連続本塁打を放ち存在感をアピール。桑原、嶺井、荒波も一発を放ち、打撃陣は好調さをうかがわせる内容だった。

 ラミレス監督は、左腕トリオの投球を「良かった」と評価。ソトはエスコバー、バリオスと1軍の外国人枠を競わせる考えを示した。