ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

伝統芸能、本で興味を 横須賀の3市立図書館が企画展示

2/13(火) 22:37配信

カナロコ by 神奈川新聞

 日本の伝統芸能に関する書籍を集めた企画展示が21日まで、横須賀市の3市立図書館(中央、北、南図書館)で行われている。

 日常生活の課題の解決を支援する「課題解決コーナー」と題した3図書館同時の企画で、労働問題、美術入門に続いて本年度は3回目。訪日外国人が増える中、日本人として伝統芸能に理解を深めてもらおうと、テーマに選ばれた。

 中央図書館(同市上町)では、「伝統芸能とは」「能・狂言」「大衆演芸(落語、浪曲、講談)」など5項目に分けて入門書を中心とした約100冊を展示。図書館で伝統芸能について調べる際、蔵書の検索方法を紹介したガイドも配布されている。

 同図書館の担当者は、「日ごろ歌舞伎や能を見に行く機会があまりない人に伝統芸能の魅力を感じてもらい、足を運ぶ気持ちになってもらえれば」と話している。問い合わせは、同図書館電話046(822)2202。