ここから本文です

コンサートで患者癒やす 厚生連高岡病院

2/13(火) 17:26配信

北日本新聞

 厚生連高岡病院の院内コンサートが13日、高岡市永楽町の同病院あり、音楽愛好家2人がオカリナやハープの優しい音色を響かせた。

 入院患者らに癒やしの時間を過ごしてもらおうと、市民グループ「高岡音風景の会」(酒井晶正代表)が企画し、石川県小松市の音楽愛好家、北川毅さんが出演した。

 北川さんは世界の民俗楽器20種類を用意し、川のせせらぎや小鳥のさえずりといった自然の音を表現。大小5種類のオカリナで「春よ来い」「こきりこ節」などを次々に披露した。酒井代表は演奏用のおりんを使いメロディーを奏で、集まった患者ら約50人はじっくりと聞き入っていた。

北日本新聞社

最終更新:2/13(火) 17:26
北日本新聞