ここから本文です

サンダーバーズが助っ人 福岡町で除雪ボランティア

2/13(火) 23:54配信

北日本新聞

 多いところで2メートル前後の積雪がある高岡市福岡町沢川(そうごう)地区で13日、プロ野球・ルートインBCリーグの富山GRNサンダーバーズの選手やボランティア休暇を取得した市職員らが除雪作業に汗を流した。福岡地域在住の選手が多いことから、選手らは過去にも同地区の雪かきを手助け。この日は伊藤智仁監督をはじめ、選手・コーチ13人、市職員10人が参加した。

 選手らは大量の雪が残る沢川営農組合の事務所兼工場の屋根を除雪。スコップで雪を降ろし、屋根の高さまである雪をかき出していった。

 岡山県出身の河本光平選手は同地区の積雪の多さに驚いた様子で、「雪国の苦労が身に染みた。応援してくださる市民の皆さんに少しでも恩返しできたならうれしい」と話した。

 田畑公生自治会長は「除雪は慣れていないと思うが、大変助かった。今度は球場に行き、応援で選手を力づけたい」と感謝していた。

北日本新聞社

最終更新:2/13(火) 23:54
北日本新聞