ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

優勝記録は22メートル 梅の種飛ばしに1200人挑戦

2/13(火) 16:45配信

紀伊民報

 南高梅の梅干しの種を口で吹き飛ばして距離を競うイベント「やにこいフェスタ~梅干しの種とばしinみなべ」(和歌山県のみなべ町商工会青年部主催)が12日、みなべ町東本庄の上南部中学校体育館であり、延べ約1200人が挑戦した。一般男性の優勝は印南町の男性(30)で記録22メートル25だった。

 日本一の梅産地をPRしようと昨年開催したのに続き2回目。小学生の低学年と高学年、一般(中学生以上)の男性と女性、シニア(65歳以上)の男性と女性の計6部門で、それぞれ3位まで賞金(賞品)を用意した。一般の優勝賞金は30万円だった。

 参加者は受け取った梅干しを食べ、スタッフの笛の合図で種を吹き飛ばした。勢いあまってスタート板を踏み越えたり、手をついて倒れ込んだりしてしまう人や、飛距離が伸びてガッツポーズする人がいた。

 一般男性以外の1位の記録は一般女性19メートル17、シニア男性17メートル25、シニア女性10メートル96、小学生低学年9メートル62、小学生高学年12メートル21だった。

最終更新:2/13(火) 16:45
紀伊民報