ここから本文です

“チチャリート”が同僚の長身FWを称賛「信じがたいほどの万能プレーヤーだ」

2/13(火) 8:01配信

SOCCER KING

 ウェストハムに所属する“チチャリート”ことメキシコ代表FWハビエル・エルナンデスが、チームメイトのオーストリア代表FWマルコ・アルナウトヴィッチを称賛している。クラブの公式サイトが伝えた。

 10日に行われたワトフォードとの試合で、チチャリートとアルナウトヴィッチはそろってゴールを記録し、2-0での勝利に貢献している。チチャリートは自身と同じく今シーズンからウェストハムに加入した、器用さとスピードも兼ね備える長身FWを高く評価している様子。以下のようにコメントを残し、その能力の高さを称えている。

「マルコは信じがたいほどの万能プレーヤーだ。彼のような選手と前線で一緒にプレーすると、大きな自信が得られるんだ。僕たちはお互いをよく理解できているし、2人とも得点も挙げている。ストライカーにとってはいいことだよね」

 また、チチャリートはワトフォード戦の内容についても手応えを感じていたようで、次のように今後の展望を語っている。

「ゴールを決めただけじゃなくて、チーム全体が高いインテンシティを持って走ったし、勝ち点3を求めていく姿勢も示せた。どのチームが相手でも勝ち点3は勝ち点3だ。僕たちは1日ごと、1試合ごとに前進し続けなければならない。なぜなら、僕たちにとっては全ての試合が決勝戦のようなものになるだろうからね」

 チチャリートは今シーズンのリーグ戦で21試合に出場し、7ゴールをマークしている。一方のアルナウトヴィッチもここまでリーグ戦20試合で7ゴールと、新天地で徐々にその本領を発揮し始めているところだ。2人は今後も活躍を続け、一時は降格圏に沈みながらも12位まで順位を上げたウェストハムを、さらなる上位進出へと導くことができるだろうか。

SOCCER KING

最終更新:2/13(火) 8:01
SOCCER KING