ここから本文です

“3分の悲劇”…チェルシー戦で負傷のスタリッジ、復帰までは約2週間か

2/13(火) 12:16配信

SOCCER KING

 ウェスト・ブロムウィッチのアラン・パーデュー監督が今冬リヴァプールからレンタルで獲得したイングランド代表FWダニエル・スタリッジの負傷について言及した。イギリスメディア『BBC』が12日に伝えている。

 ウェスト・ブロムウィッチは12日、プレミアリーグ第27節でチェルシーと対戦した。同試合でスタリッジは先発出場。しかし開始わずか3分後に負傷交代を余儀なくされていた。パーデュー監督は試合後、スタリッジの負傷状況について次のように語った。

「スタリッジの負傷は(3失点の敗戦よりも)おそらく大きな打撃。彼は試合が始まってすぐの60メートルのスプリントでハムストリングに違和感を感じたようだ。我々は彼の様子を見守らなくてはならない。おそらく来週は無理だろうから復帰までは2週間くらいだろうね。試合開始3分でスタリッジを失うことは本当に悲劇だった」

 1989年生まれの28歳のスタリッジは、マンチェスター・Cの下部組織出身で、2009年6月にチェルシーへ移籍。2013年1月にはリヴァプールへ移籍すると、同クラブでは公式戦133試合に出場して63得点を記録した。しかし、負傷に悩まされる時期も多く、今冬ウェスト・ブロムウィッチという新天地で再起を図っていた。

SOCCER KING

最終更新:2/13(火) 12:16
SOCCER KING