ここから本文です

ポルシェ、3Dプリンターからクラシックパーツを供給

2/14(水) 7:58配信

TopNews

ポルシェAGのクラシックモデル専門の部門『ポルシェ クラシック』は、パーツ供給問題への解決策として3Dプリンターを活用すると発表した。

希少なクラシックカー愛好家にとって「スペアパーツ入手不可」という問題は、車が動かなくなってしまう可能性すらあった。ポルシェの解決策は、非常に希少なパーツについては3Dプリンターを使って製造するという方法だった。

3Dプリンターという製法によって生産されるパーツは、技術的にも外観的にも、全てオリジナルの仕様に対する完璧な忠実性という要件を満たしているという。

現在、ポルシェ クラシックでは約52,000点のパーツを揃えているが、何らかのスペアパーツの在庫が少なくなったり在庫切れになると、オリジナルのツールを使って複製される。

しかし、非常に限られた数のみ必要とされるパーツの供給を確保することは、ポルシェ クラシックのエキスパートにとってさえ大きな課題だった。

たとえば、ポルシェ959のクラッチのリリースレバーは現在入手不可能だという。このねずみ鋳鉄製のコンポーネントは、非常に高い品質要件を満たす必要があるが、このスーパースポーツカーはわずか292台しか生産されなかったため需要はほんのわずかとなっている。

検討に値する唯一の製造方法として考えられたのは、レーザー溶融法だった。リリースレバーを製造するためには、まずコンピュータ処理によって厚さ0.1 mm以下の粉末工具鋼の層で処理プレートを覆う。そして、不活性ガスの中で、高エネルギーのライトビームを用いて希望する場所で粉末を溶融させ、スチール層を作り出すのだという。

こうして、一層ずつ完全な3次元コンポーネントが製造され、プリントされたリリースレバーは、3トン近い負荷をかけた圧力試験と、その後の内部欠陥を調べる断層撮影法による検査にも見事にクリアした。

現在ポルシェでは3Dプリントを使って他に8つのパーツを製造中だ。
そして、さらに20のコンポーネントの製造についても3Dプリントが適切であるかどうか、試験している最中だという。

メリットは、コンポーネントの3次元デザインデータや3Dスキャンがあれば、製造を開始するための十分な基礎となることだという。必要に応じて、注文があり次第コンポーネントを製造できるので、ツールと保管コストの節約にもなる。

最終更新:2/14(水) 7:58
TopNews