ここから本文です

宮城県知事「表浜防潮堤の着工の判断は拙速」意向調査へ

2/14(水) 5:42配信

TBC東北放送

TBC

 宮城県石巻市の表浜で計画されている県の防潮堤をめぐり担当者が会合で「住民アンケートをせずに着工する」と説明したことについて、村井知事は13日「判断が拙速だった」として改めて住民の意向確認を行う考えを示しました。
 宮城県は津波で被災した石巻市の表浜で高さ6mの防潮堤の整備を計画しています。この計画には地元で反対意見があり、県は住民アンケートを行う方針でしたが、今月10日の意見交換会で出た「浜を分断しかねない」との声を受け、これを撤回。計画通り建設すると説明していました。しかし、村井知事は13日、意見交換会の参加者が12人と少なかったことから「判断は拙速だった」とし、改めて住民の意向を調査する考えを示しました。

最終更新:2/14(水) 5:44
TBC東北放送