ここから本文です

視線は4年後!銅メダルの原「絶対に金取る」/モーグル

2/14(水) 7:00配信

サンケイスポーツ

 ノルディックスキー・ジャンプ女子で銅メダルを獲得した高梨沙羅(21)=クラレ=が13日、フリースタイルスキー・男子モーグルで銅メダルに輝いた原大智(20)=日大=と一夜明けのメダリスト会見とメダル授与式に出席。メダル獲得の喜びと今後への抱負を述べた。改めて2022年北京五輪での金メダル獲得を公言し、さらなる飛躍を誓った。

 五輪初出場で、日本勢第1号のメダルを獲得。フリースタイルで日本男子初のメダリストとなった原は一夜明けても実感がわかなかった。

 「歴史に名を刻めたのは本当にうれしくて、涙が出る」

 メダルを授与され、改めて偉業達成を実感した。この日は数え切れないほどの祝福メッセージがスマホに届いた。中には「見覚えのない人からもあった」。試合が終わり、13日午前0時過ぎに選手村に帰ってきた。だが興奮のあまり、一睡もできなかった。

 東京・渋谷区出身の“都会っ子”。中学時代の体育の成績は「3」だったという。「本当に雪が降らない、降ったら交通まひしてしまう都市なので、冬季種目でメダルを取れたのは誇りに思います」と胸を張った。

 試合前に、自身のツイッターに「金メダル取りに行ってきます」とつづって出陣した。モーグル界を引っ張っていく立場になる20歳は「昔からの夢である金メダルは絶対に取りたい。この先の目標は金メダル」と早くも4年後を見据えた。

 日本勢でただ一人、上位6人で争う決勝3回目に進出。硬いコブにも体勢を崩すことなく終始攻めの姿勢を見せ、82・19点で銅メダルを獲得した。五輪初出場で、W杯でも表彰台に上がったことはなく「ただただうれしい。ホッとしている。これが初めての表彰台。心がいっぱいです」。