ここから本文です

子育て猛勉強中のりゅうちぇる、水カン作曲で歌手デビュー

2/14(水) 12:42配信

リアルライブ

 モデルでタレントのりゅうちぇるが「RYUCHELL」名義で歌手としてアーティスト活動を開始したことが14日、発表された。

 同日にユニバーサルミュージックからのデビュー曲「Hands up! If you’re Awesome」の配信をスタート。

 同曲は自ら作詞に参加し、「自分の色を取り戻そう」という気持ちを詞に込めたという。

 人気ユニット「水曜日のカンパネラ」のケンモチヒデフミが作曲を担当。80~90年代にタイムスリップするような世界観のサウンドに仕上がっている。

 ミュージックビデオ(MV)も当時のアメリカの歌手を意識した演出になっており、激しいダンスも披露している。

 りゅうちぇるといえば、妻でタレントのぺこが今月3日に妊娠5か月であることを発表していた。

 2人は昨年3月のTV番組で、子供の名前を早くも命名。男の子なら「リンク」、女の子なら「モナ」にすることを明かしていたが、キラキラネームすぎるため、ネット上では賛否両論が巻き起こっていた。

 発売中の「女性自身」(光文社)に対して、ぺこの母親が明かしたところによると、ぺこは「やっぱり、ちゃんと生まれてくる子どものことを思って決めたい。名前はきちんと考え直す」と話していたという。

 また、2人は子育てに向けて猛勉強中。りゅうちぇるには責任感が芽ばえ、「仕事も僕が頑張る!」と宣言していたというから頼もしい限りだ。

 「これまでは2人の“セット売り”が中心だったが、ぺこが産休・育休中は稼働できず。そのため、りゅうちぇるはピンで売る方法をあれこれ考えていて、歌手活動をスタートさせたようだ」(芸能記者)

 話題性はあるだけに、しばらくは1人で稼働することになりそうだ。

最終更新:2/14(水) 12:42
リアルライブ