ここから本文です

マンウィズ 新曲「Take Me Under」が映画『いぬやしき』主題歌に決定、発売は4月18日

2/14(水) 11:30配信

エキサイトミュージック

MAN WITH A MISSIONの新曲「Take Me Under」が、4月20日(金)公開の映画『いぬやしき』の主題歌に起用されることが決定した。合わせてこの楽曲がニューシングルとして4月18日(水)に発売されることも発表された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

MAN WITH A MISSIONが主題歌を担当する『いぬやしき』は、国内外問わず絶大な人気を誇り、多くの作品に影響を与えたSFアクション漫画『GANTZ』の原作者・奥浩哉が『GANTZ』のエッセンスを取り込みながらも、リアルな日常と現実には有り得ない非日常が交錯する新たな世界観で描いた漫画。2014年から『イブニング』で掲載がスタートし、2017年7月に惜しまれつつも堂々の完結をした大ヒットコミックだ。2017年10月からはフジテレビ・ノイタミナ枠でアニメが放送され、その衝撃的な内容で大きな反響を呼んだ。

注目を集め続ける『いぬやしき』が、『GANTZ』を2部作で実写映画化し、興行収入63億円の大ヒットに導いた佐藤信介監督の手によって、ついに実写映画化。“新感覚バーチャルムービー”として4月20日(金)に公開される。

初老の主人公・犬屋敷壱郎を演じるのは、16年ぶりの映画主演となる木梨憲武。また、犬屋敷と同じ力を手に入れ、自分の意志に背く人々を傷つけていく高校生・獅子神皓に扮するのは、今回が初の悪役挑戦となる佐藤健。

MAN WITH A MISSIONは映画プロデュース陣から、「このバンドしかいない! ワンだウルフ!!(Wonderful)」と熱烈オファーを受け、メンバーが元々原作のファンであったということもあり、すぐにオファーを快諾。アニメ『いぬやしき』でもオープニングテーマ曲を制作し、今回、映画『いぬやしき』のために新曲「Take Me Under」を書き下ろした。この楽曲は4月18日(水)にシングル化されることが決定しており、詳細は追って発表される。

■■ジャン・ケン・ジョニー コメント
原作ノエッジガ効イタ世界観ヲソノママニ、プラスシテ人間ドラマノ温モリトテーマノ重厚サヲ更ニ深ク感ジサセラレマシタ。
演者ノストーリートキャラクターヘノ憑依度トイウノダロウカ、凄イノ一言。
原作サナガラニコミカルナノニ不安ト哀シサモ滲マセツツ、心許ナクモ確固タル覚悟ト正義感ヲ持ッテ機械化シテ闘ウ木梨憲武さんハ必見デス。
凄イ姿ニナリマスヨ。
マヂデ。
自分達ノ楽曲「Take Me Under」モダークダケド温モリモアル、破壊的ダケド希望モ垣間見エル、疾走感モ重厚サモ感ジレルヨウナ作品ニ仕上ゲマシタ。
映画『いぬやしき』トトモニ楽シンデ下サイマセ!



≪ツアー情報≫
【MAN WITH A MISSION presents「UK Tour 2018」】
2018年2月15日(木)Birmingham / O2 Academy Birmingham
2018年2月16日(金)Manchester / Manchester Academy
2018年2月19日(月)Newcastle / Northumbria Institute
2018年2月21日(水)Glasgow / Barrowland Ballroom
2018年2月23日(金)London / The Dome ※単独追加公演

【LIVE FOR THE NEXT】
2018年3月13日(火)福岡・DRUM LOGOS(w / SHIMA)
2018年3月15日(木)名古屋・Zepp Nagoya(w / ヒステリックパニック)
2018年3月20日(火)大阪・Zepp Osaka Bayside(w / SUPER BEAVER)
2018年3月23日(金)東京・Zepp DiverCity Tokyo(w / BRADIO)
2018年3月25日(日)北海道/ Zepp Sapporo(w / The Floor)

≪作品情報≫
4月20日(金)全国ロードショー
『いぬやしき』

出演:木梨憲武 佐藤健
本郷奏多 二階堂ふみ 三吉彩花 福崎那由 濱田マリ 斉藤由貴 伊勢谷友介

監督:佐藤信介
原作:奥浩哉『いぬやしき』(講談社「イブニング」所載)
(C)2018「いぬやしき」製作委員会 (C)奥浩哉/講談社

◎ストーリー
人間の本質は善なのか、それとも悪なのか……?
定年を間近に迎える冴えないサラリーマン・犬屋敷壱郎(木梨憲武)は会社や家庭から疎外された日々を送っていたが、ある日突然、医者から末期ガンによる余命宣告を受け、深い虚無感に襲われる。その晩、謎の事故に巻き込まれ機械の体に生まれ変わった彼は、人間を遥かに超越する力を手に入れることに。
一方、同じ事故に遭遇した高校生・獅子神皓(佐藤健)は、手に入れた力を己の思うがままに行使し始めていた。自分の意志に背く人々をただただ傷付けていく獅子神と、獅子神によって傷付けられた人々を救い続ける犬屋敷。強大な力を手に入れた2人が、いま、それぞれの想いで動き出す――。