ここから本文です

石井コーチの後継者 広島・東出打撃コーチがベタボメ いま最もレギュラーに近い“伸び盛り”の男とは

2/14(水) 11:00配信

東スポWeb

【赤坂英一 赤ペン】「琢朗さん(石井琢朗打撃コーチ)がウチにいる間に、一人前にしようとしていた選手がいるじゃないですか。野間、堂林、美間…今年は彼らが伸びています。一人前になるのはもうちょっと先かもしれませんけど。ぼくがそう言っていたと、琢朗さんに伝えてください」

 広島の日南キャンプ、東出打撃コーチが張り切っている。ヤクルトに去った「琢朗さん」こと石井コーチに代わって、今年からメインの打撃担当に昇格。打線にさらなる厚みを加えるべく、とりわけ若手や控えを連日熱心に指導中だ。

「野間は練習でボールをつかまえるのが上手になった。堂林も、形にこだわった打ち方から脱皮しつつある。あれが実戦でもできるようになってくれば面白い」

 一方、いま最もレギュラーに近いのが西川だ。

「今年は安部とサードの定位置争いをするんじゃないか。安部も去年10年目でサードに定着しましたが、西川も今年3年目ですごい勢いで伸びている。オフの間もしっかり練習してきた。もともと西川の打撃センスは天才的ですからね」

 そんな西川と安部の組み合わせは「チームとしても実に理想的なライバル関係」だと東出コーチは言う。「中堅の安部、伸び盛りの西川が争えば打線の総合力がグッと上がるから」だ。

「そういう意味で捕手の会沢(12年目)、坂倉(2年目)にも同じことが言える。まあ、会沢がポジションを譲ることはまだまだないだろうけど、坂倉の打撃はもう一軍レベルです。泥臭く練習に打ち込む姿勢もいい。近い将来、レギュラーをうかがえる存在になってくるでしょう」

 捕手といえば、今年のドラフト1位新人・中村奨もいる。チーム内には二軍でじっくり育てるべきとの意見もあるが「ぼくとしては今年中に一軍の試合で打席に立たせてみたい」と東出コーチはこう言った。

「自主トレから練習を見てますが、タイミングの取り方とスイングの軌道がいいんです。引っ張り専門かと思ったら、ボールの内側に入るのも上手だし。木のバットとプロの球に慣れたらどれだけ打てるか、見てみたい。甲子園で6発も打ったほどだから、もともと実戦向きのタイプだと思うんですよね」

 前向きなコメント力でも「琢朗さん」に引けを取らない東出コーチ、いまから赤ヘル打線が爆発するのが楽しみだ。

最終更新:2/14(水) 11:08
東スポWeb