ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

テイエムジンソク、フェブラリーS最終追い切り速報/栗東トレセンニュース

2/14(水) 13:18配信

netkeiba.com

 今週末は今年最初のJRAのG1競走、フェブラリーS(2月18日・東京ダート1600m)。栗東所属馬は17日に東京競馬場への輸送を控えているため、全休明けとなった今朝14日に最終追い切りを行った陣営が多い。前走東海Sを快勝したテイエムジンソク(栗東・木原一良厩舎)も最終追い切りを行っている。

【写真】テイエムジンソクこれまでの軌跡

 古川吉洋騎手が跨って単走。これは前走時の最終追いと全く同じだが、馬場入りからスムーズな仕草が前走とは全く違っている。道中の走りもリラックスしており、1週前追い切り同様、素晴らしいリズムで1Fごとのラップを刻んでいく。最後まで加速し続けてゴール。昨秋とは全く違うゴール前での動きといってよいだろう。

 時計は6F82.0~5F66.5~4F51.5~3F37.7~1F12.0秒。時計も前走時とは違って、ゴールに向けて理想的な加速ラップを踏んでいる。1週前追い切りの時点で過去最高の状態だと当ニュースで評したが、この動きを見るかぎり、それが完成形になったという感じ。

 スタート地点の芝や前日輸送など、課題が多い東京ダート1600mでのレース。しかし、この状態でレースを迎えることができれば、スピードに自在性が出て、これまで以上に操作がしやすい走りができそう。

(取材・文:井内利彰)

最終更新:2/14(水) 14:02
netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ