ここから本文です

ヤクルト・石井琢朗打撃コーチに聞く「リーグワーストの打率をどう立て直しますか?」

2/14(水) 11:00配信

東スポWeb

【核心直撃】昨年、球団ワースト記録の96敗を喫したヤクルトが連日の猛練習で巻き返しを図ろうと必死だ。特に野手は12時間を超える厳しい練習が課される日もある。その一翼を担うのが、昨年まで広島でコーチを務め、リーグ連覇に貢献した石井琢朗打撃コーチ(47)だ。成果は期待できるのか、直撃した。

 ――連日の猛練習だ。広島の3連覇は阻止できるか?

 石井コーチ:広島にはなかなか追いつけないと思う。向こうの方が先にやっているから。同じような練習はやらせていますけど、何がハマるか分からない。結果が出ればいいけれど、出なかったら違う方法を考えないといけない。

 ――練習量が必要なチーム状況でもある

 石井コーチ:今は猛練習は必要だと思う。ただ僕は「意識ありき」だと思っているんです。いくらメニューを与えて量をやらせても、そこに選手たちの意思がないと「ただやらされているだけ」「きついだけ」で終わっちゃうので。

 ――広島の選手には、その「意識」があった

 石井コーチ:広島ではそこも同時にミーティングとかで持たせていた。そうしたらメニューを与えなくても自分たちでやりますし。そこだと思うんですよ、ここも。それだけでだいぶ変わると思うんです。

 ――昨年はリーグワーストの打率(2割3分4厘)だった

 石井コーチ:昨年は特に故障者が主力の中で多かったこともある。ただ僕は主力が誰か欠けたから打線が機能しないとかいうんじゃなく、主力が抜けてもそこそこ機能する打線を作らないといけないなと思う。それこそ若い選手の底上げが課題。選手個人個人というよりもチーム全体っていうイメージですね。

 ――チーム全体とは

 石井コーチ:誰か一人、例えば「山田哲人がトリプルスリー」とか、目指しているのはそこじゃない。100点の選手を育てることじゃなく70、80点、平均点以上の選手を数多くつくりたい。いくら100点の一人突出した選手がいたとしても、周りが50点だったら平均点は落ちてくる。そうじゃなく平均点以上の選手が並んでいる打線の方が機能すると思います。

 ――若手の主力は山田ぐらい

 石井コーチ:だから広岡、西浦、奥村あたりの底上げ(が大事)。誰か(主力が)いなくなった時でもベストじゃないけど、ベターな打線を組める、そこそこ戦える打線を考えていかないといけない。

最終更新:2/14(水) 11:08
東スポWeb