ここから本文です

共和党上院院内総務、トランプ氏の移民改革法案支持表明

2/14(水) 4:58配信

ロイター

[ワシントン 13日 ロイター] - 米共和党のマコネル上院院内総務は13日の演説で、トランプ大統領の移民改革法案支持を表明した。

法案は、国境の壁建設やビザ抽選打ち切り、移民家族向けビザ発給の抑制などといった4本柱を網羅する。

幼少期に親と不法入国した移民「ドリーマー」を支援する超党派合意の一環として、共和党上院議員らは民主党側にトランプ氏の要求受け入れを求める動きを活発化させた。

共和党のトム・コットン上院議員はFOXニュースのインタビューで、トランプ氏の移民計画は「最善で最終的な提案だ」と言明した。

民主党のディック・ダービン上院議員は記者団に、双方の移民法案は初期段階の上院採決で、手続き上の課題克服に必要とされる60票を獲得できない恐れがあると指摘。その上で、議員らは「緩やかなアプローチで中間地点に向け」動かざるを得なくなるとの見通しを示した。

共和・民主両党は、上院で初期段階の採決にかける提案を巡って攻防を繰り広げるなどしたが、マコネル氏と上院民主党のシューマー院内総務の溝は埋まらなかった。

最終更新:2/14(水) 4:58
ロイター