ここから本文です

H・ジャックマン、バレンタインデーに愛妻家ぶり発揮「妻にチョコレートを贈ろうと思う」

2/14(水) 16:00配信

映画.com

 [映画.com ニュース] 実在の興行師P・T・バーナムの半生に焦点を当てたミュージカル「グレイテスト・ショーマン」で主演を務めたヒュー・ジャックマンと、共演のキアラ・セトルが2月14日、都内で行われた来日会見に出席した。

 映画は、主人公バーナム(ジャックマン)が、ひげを生やした女性レティ(セトル)をはじめとするさまざまな個性を持つ人々と、唯一無二のショーを作っていくさまを描く。ジャックマンは、「ハッピー・バレンタイン! 女性が男性にチョコレートを贈る国に来られて嬉しいです」とお茶目に挨拶しながらも、「(時差で)ニューヨークに戻っても14日が続いているから、今度は僕が妻にチョコレートを贈ろうと思います」と愛妻家ぶりを発揮していた。

 現在、今作が世界中でヒットしている要因を、「1番は音楽だと思います。まずメロディが美しいし、歌詞が心に届くんです。家族についてや、自分を信じること、そして夢を見ることなどについてです」と分析。「この映画を見ると気持ちよくなるんです。人生を肯定しているし、未来が明るく見えてくる。人生を肯定して祝福するような作品なので、日本の方々にも届くのではないかと思います」とアピールした。

 セトルは、今作の主題歌「This is Me」について聞かれると感極まって涙を流し、「この曲を最初に歌ったのは、FOXが製作に同意する前のワークショップでした。本当に怖くて逃げ出したかったけれど、ヒュー・ジャックマンが『君が歌うんだ』と言ってくれて、マイケル・グレイシー監督も『君に歌って欲しい』と言ってくれたんです。私がこの曲やこの映画を作るプロセスで理解したのは、音楽はどんな言葉も超えるということ。ストーリーでは語りつくせないことでも、音楽で語ることができると感じました」と話した。

 さらに、「この曲のテーマについて毎日もがいていると同時に、感謝もしています」といい、「この曲を聞くたびに、自分が信じているもの、正しいと思うこと、正しくないと思うことと闘う力をもらえているんです」「倒れてもいい、毎日また起き上がればいいんだと思わせてくれます」と力強く語った。

 ジャックマンは、お気に入りの楽曲を聴かれると「『This is Me』と言わざるを得ませんよ!」と即答。「キアラが現場で歌ったとき、モニターを見ながら泣きました。キアラの歌い方は正直なんです。いいことに関して正直でいるということは簡単ですが、恥じていることについて正直になるというのは難しい。(セトルが歌うと)毎回感動します。生きることは大変だけれど、生きるかいがあると思わせてくれます」と笑顔を見せていた。

 「グレイテスト・ショーマン」は、2月16日から全国で公開。

最終更新:2/14(水) 16:00
映画.com