ここから本文です

阪神D4・島田、金本監督から下半身の使い方指南「大変ありがたい」

2/14(水) 7:00配信

サンケイスポーツ

 阪神春季キャンプ(13日、沖縄・宜野座)D4位・島田海吏外野手(上武大)は、全体メニュー消化後、金本監督からマンツーマン指導を受けた。ロングティーを打ちながら、約40分間。下半身の使い方について指南を受け、「自分がよくなってほしいという思いで教えてもらったと思うので、大変ありがたい」と汗をぬぐった。

 「まだまだですが、感触がよくなっているところもありました。継続してやらないと、教えてもらった意味がないので」

 ここまで実戦3試合全てで安打を放つなど売り出し中の快足ルーキー。指揮官は「しっかり体幹を使えるスイングといいますか、回転の仕方…。ちょっと後ろに反っくり返るような感じがあったんで、しっかり前に乗っていけるように」と指導内容を明かすと、「投手の速球や変化球へのコンタクトが非常にいい。これはなかなか教えてできることじゃない。あとはしっかり振る力と最低限の下半身の使い方を覚えれば楽しみ。すぐ使えそうな気がします」と大きな期待を寄せた。