ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

高杉真宙×加藤諒×渡辺大知(黒猫チェルシー)。映画『ギャングース』より、衝撃の劇中ビジュアル解禁

2/14(水) 12:01配信

M-ON!Press(エムオンプレス)

『モーニング』(講談社)で連載された人気漫画『ギャングース』が映画化、2018年秋に全国公開される。このたび、トリプル主演を務める高杉真宙、加藤諒、渡辺大知(黒猫チェルシー)の劇中ビジュアルが初公開された。

【詳細】他の写真はこちら

3人が挑んだのは超個性的なキャラクター。窃盗団の作戦立案担当でロン毛の直毛と鋭い眼光が印象的なサイケ(高杉真宙)。工具に関する秀でた見識を持ち、剃り込み×モヒカン頭の太っちょ眼鏡カズキ(加藤諒)。窃盗団の車両担当で極限状態になるとキャラクターが豹変する怪力巨人の坊主タケオ(渡辺大知)。

サイケ役の高杉は、今までにない汚いロン毛と細眉、カズキ役の加藤は人生初のモヒカン、さらにタケオ役の渡辺も初の金髪ヘア&眉毛なしに挑戦。クランクイン直前にそれぞれのキャラクターにガチンコで変身し、撮影に挑んだ。まるで漫画から抜け出してきたかのような見事なはまりっぷりで、作品の完成が期待される。クランクアップは2月下旬を予定。

本作のメガホンをとったのは『SR サイタマノラッパー』シリーズ、『22年目の告白―私が殺人犯です―』(2017年)の入江悠。社会に見放され、最底辺の生き方をする少年たちの生きざまを、原作に劣らずリアルに描く。

少年院で共に過ごしたサイケ・カズキ・タケオの3人が、犯罪集団だけを狙って窃盗を繰り返す“タタキ”稼業を開始。裏社会で生き抜くことにひたすらにポジティブな3人の友情を描く、新時代のアウトローによる、かつてない青春エンターテインメント。

原作は、2013年の連載開始以降、読者アンケートではつねに上位人気をキープし続けた『モーニング』誌の人気作品。2017年新春に完結し、同年4月23日に最終巻である第16巻が発売された。冒頭に毎回付されている<この漫画は実話を基にしたフィクションです。ただし犯罪の手口はすべて実在しますので、ぜひ防犯に役立てて下さい>という注意書きが象徴的なように、ストーリー共同制作の気鋭のルポライターである鈴木大介による未成年の犯罪者への取材をもとに、裏社会の実態をリアルに描いた“超実証主義漫画”として知られている。

映画情報
『ギャングース』
2018年秋 全国公開
監督:入江悠(『22年目の告白―私が殺人犯です―』『ビジランテ』)
原作:肥谷圭介・鈴木大介「ギャングース」(講談社「モーニング」KC所載)
出演:高杉真宙 加藤諒 渡辺大知(黒猫チェルシー)
製作・配給:キノフィルムズ/木下グループ
(C)肥谷圭介・鈴木大介/講談社

映画『ギャングース』作品サイト
http://gangoose-movie.jp/