ここから本文です

米大統領、関税・数量制限など検討 鉄鋼・アルミ輸入品対応で

2/14(水) 7:22配信

ロイター

[ワシントン 13日 ロイター] - トランプ米大統領は13日、輸入する鉄鋼やアルミニウム製品が米メーカーに打撃を与えている問題に対応するため、関税や数量制限の導入など、多岐にわたる選択肢を検討していると語った。

米商務省は昨年、通商拡大法232条に基づき、輸入鉄鋼・アルミ製品が米国の安全保障に及ぼす影響について調査を実施。その結果を基に先月、一連の措置に関する選択肢を大統領に示していた。商務省はその内容を公表していない。

大統領は13日、ホワイトハウスで上下両院の超党派グループとの会合を開催。会合の一部は記者団に公開された。

大統領は会合で「関税、もしくは数量制限について協議している」とし、「関税は選択肢に含まれることになるだろう。鉄鋼製品を不当廉売すれば、高水準の関税を課す。それによって、米国は大きな利益に得ることになる」と語った。

大統領はまた、「製品価格を低く維持したい一方で、米国の鉄鋼・アルミ業界を存続させたい。これらの業界は国防に必要だ」と語った。

大統領は、鉄鋼製品への対応を4月11日ごろまでに、アルミ製品については4月20日をめどに決定する。

会合では、鉄鋼やアルミの生産が盛んな州出身の議員から、生産工場を救済するために大統領は断固として対処すべきとの声が上がった一方、製品の値上がりは鉄鋼やアルミを使うメーカーに打撃を与えるとして慎重な対応を求める意見も出た。

トランプ大統領の発言を受け、13日の米株市場で米鉄鋼大手USスチール<X.N>やアルミ大手アルコア<AA.N>など鉄鋼・アルミ株が軒並み上昇した。

*内容を追加します。

最終更新:2/14(水) 9:06
ロイター