ここから本文です

渡辺麻友 AKB卒業以来初の公の場に「普通の生活を体になじませていた」

2/14(水) 12:00配信

東スポWeb

 昨年末にAKB48を卒業した女優・渡辺麻友(23)が14日、大阪市の阪急うめだ本店内に出店した高級ブランド「ジョルジオ アルマーニ」の化粧品ライン「GIORGIO ARMANI beauty」のオープニングセレモニーに登場した。

 大みそかの紅白歌合戦以来の公の場となる渡辺は、「アルマーニレッド」と呼ばれる深紅のリップをつけ、ピンクのワンピース姿で登場。「今まであまりしてこなかった大人っぽいメイクにしてもらって新鮮でした。鏡で見た時は別人のような姿に生まれ変わっていたので、メイクの魔法にかかったような気分で幸せです」と笑顔で商品をアピールした。

 卒業後、1か月が経過したが「12歳でAKBに入って11年間活動してきたので、人生の半分はAKBだった。お恥ずかしい話なんですが、普通の生活の送り方が分からなくて、普通の生活を体になじませることに重点を置いて生活してました」と明かした。

 5月には初主演ミュージカル「アメリ」が上演される。

「舞台も初めてなので、それに耐えられるような強い体をつくろうと思って、ジムに通ったり走ったりして体力づくりをしています」と、アイドル時代同様のプロ意識を垣間見せると「『エレガンスとは目を引くものではなく、記憶に残り続けるもの』というジョルジオ・アルマーニさんのお言葉があるんですが、私も皆さんの記憶に残り続けるような女性・女優になれるよう日々精進していきたいです」と抱負を語った。

 また、この日はバレンタインデーだが「毎年そうなんですが、当日の仕事でお世話になるスタッフの皆様に感謝の気持ちを込めて渡してます。今年もですね」と苦笑い。卒業で恋愛も解禁となったが「ウソじゃなくて本当にプライベートであげることがないので、機会が欲しいです。好きな人に手作りで渡したりしたいですね」と願望を語った。

最終更新:2/14(水) 12:00
東スポWeb