ここから本文です

エアバスの最新鋭機A350-1000型機が日本初飛来。JALが13機を確定発注済み

2/14(水) 10:39配信

Impress Watch

 エアバスは、最新鋭機A350-1000型機の中東・アジア太平洋デモ飛行ツアーを実施しており、2月14日に日本へ初飛来させた。A350-1000型機は、すでに3年ほど前から航空各社が運航を開始しているA350-900型機の兄弟機にあたり、7m長いボディによってプレミアムクラスのキャビンは40%拡大している。

【この記事に関する別の画像を見る】

 同日、JAL(日本航空)の羽田空港にある格納庫でA350-1000型機が報道陣に公開された。詳しくは別記事でお伝えするが、JALは2013年10月にA350-900型機を18機、A350-1000型機を13機確定発注しており、A350-1000型機については2019年度から納入予定になっているが、A350-1000型機の納入時期は「現時点では未定」(JAL 代表取締役社長 植木義晴氏)とのこと。

トラベル Watch,編集部:松本俊哉

最終更新:2/14(水) 22:52
Impress Watch