ここから本文です

【ACL】上海上港に惜敗 復帰後初フル出場の大久保が川崎の弱点を指摘

2/14(水) 16:46配信

東スポWeb

 アジアチャンピオンズリーグ(ACL)は13日、各地で1次リーグ初戦を行い、J1柏が敵地の全北(韓国)戦で2―3で逆転負けを喫し、昨季のJ1王者、川崎はホームの上海上港(中国)戦に0―1で敗れ、富士ゼロックススーパーカップに続き、今季公式戦2連敗スタートとなった。

 前半23分に元ブラジル代表FWエウケソン(28)に先制点を奪われる苦しい展開。負けられないホームでの試合で、昨季のJ1最多得点と自慢の攻撃力で逆転を狙ったが、再三のチャンスを決め切れないまま終了のホイッスルとなった。

 まだ公式戦2戦目とはいえ、川崎らしくない試合展開で勝利が遠い。復帰後、初のフル出場を果たした元日本代表FW大久保嘉人(35)は「(攻撃に)大胆さがない。ミスをしても1本(パスが)つながれば点になるのに、それが少なかった。あとは攻撃の部分で前の人数が足りない。ただ、できていた時間もあったので、いかにバランスよくできるかが大事」と修正点を指摘した。

 チーム浮沈のカギを握るベテランFWは「負けたのは悔しいけど、悲観する必要はない。まだ2試合目だし、よくなっていくのは間違いない」と話したが、J1磐田と対戦する25日の開幕戦へ向けて復調できるか。

最終更新:2/14(水) 16:46
東スポWeb

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合