ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

歴代の京急カラーを1本に…創立120周年 2月25日から

2/14(水) 20:00配信

レスポンス

京浜急行電鉄(京急)は、同社が創立120周年を迎える2月25日から「京急120年の歩み号」を運行する。

大師線で運行している4両編成の1500形1521編成に、大正から昭和にかけて京急に登場したカラーリングをラッピングで再現する列車。

登場するカラーは、4号車が1978年から新1000形や2100形などに使われている「赤・太い白帯」、3号車が1953年から1500形や800形などに使われている「赤・細い白帯」、2号車が1951年から1963年まで500形などに使われていた「赤・黄色」、1号車が1924年から1965年までデ51形に使われていた「赤茶色」となる。

ただし、3号車は既存の1500形と同じデザインであるため、ラッピングは施されない。

また、車内では、窓上や中吊り部分に「京急の歴史」「沿線今昔物語」「歴代の広告・きっぷ」「京急の豆知識」といった展示が行なわれる。

2019年2月24日まで大師線や本線で運行されるが、運用は大師線運行分のみ、京急のウェブサイトで公表される。

《レスポンス 佐藤正樹(キハユニ工房)》

最終更新:2/14(水) 20:00
レスポンス