ここから本文です

エアバス最大・最新、A350-1000 が東京羽田に着陸

2/14(水) 20:30配信

レスポンス

エアバス(本社:仏トゥールーズ)の最新鋭機「A350-1000」が14日、日本に初飛来し、東京の羽田空港で関係者に公開された。

[関連写真]

A350-1000は、エアバス社の双通路ワイドボディ機で最大・最新の機種だ。A350シリーズ標準型の「A350-900」より7m長い胴体を持ち、定員は標準の3クラス制で366席。後続は8000海里(1万4800km)で、東京からなら欧州全域、メキシコ含む北米までノンストップで飛べる。エアバスでは機内外の低騒音、軽量化による低燃費・高効率をアピールする。

日本では日本航空(JAL)が13機を発注している。羽田空港であいさつしたJALの植木義晴代表取締役社長は「私自身がトゥールーズへ行き、匂いまで嗅いで選定した」と明かす。エアバスとしてはこれをきっかけに日本市場でのプレゼンスを拡大したい考え。

A350-1000は中東およびアジア太平洋地域でプロモーション飛行ツアー中で、15日にはフィリピンのマニラに向けて羽田を飛び立つ。



《レスポンス 高木啓》

最終更新:2/14(水) 20:30
レスポンス