ここから本文です

4Kテレビは前年比47%増 GfKジャパンが家電の販売動向を発表

2/14(水) 20:35配信

アスキー

GfKジャパンは2月14日、2017年の家電・IT市場の販売動向を発表した。家電小売市場は前年比1%増で7兆700億円。
 GfKジャパンは2月14日、全国の有力家電・IT取扱店の販売実績データなどを基に、2017年の家電・IT市場の販売動向を発表した。
 
 2017年の家電小売市場は前年比1%増の7兆700億円を記録。大分類別ではAV関連機器と大型生活家電の伸びが目立ったという。
 
AV市場は、薄型テレビがプラス成長で前年を上回る
 2017年のAV機器市場は、主要製品である薄型テレビの販売がプラス成長に転じたことなどで前年を上回った。
 
 薄型テレビの販売台数は前年比1%増の490万台。2009~2011年に購入したテレビの買い替えが徐々に始まっているという。4Kテレビは前年比47%増の155万台。薄型テレビ全体に占める4Kテレビの構成比は数量ベースで32%、金額ベースでは62%に達する。特に、4Kテレビの中でも40インチ台と比較的小型な製品は伸長した。4Kテレビの拡大や有機ELテレビの伸長で薄型テレビの平均価格(税抜き)は前年から3%上昇し、7万6000円。結果、全体の金額前年比は4%増加した。
 
 テレビの周辺機器では、BDレコーダーは前年比2%減の200万台。前年の同11%減と比べると縮小幅は大きく改善した。シングルチューナー搭載機が数量前年比15%減、ダブルチューナー搭載機が8%減にエントリー需要が縮小した一方で、トリプル以上のチューナー搭載機は同22%増で、市場の29%を占めるほど拡大している。
 
 サウンドバー/サウンドベースは前年比11%増の21万台。サウンドベースが縮小した一方でサウンドバーは数量前年比28%増と拡大した。スリムで設置しやすいモデルや立体音響技術に対応する新モデルが売り上げに寄与したという。
 
 ヘッドフォン/ヘッドセットは前年並みの1960万本。Bluetooth対応機が数量前年比54%増、ハイレゾ対応機が36%増に拡大し、全体の平均価格は前年から15%上昇した。結果、全体の金額前年比は14%増に拡大している。同市場におけるBluetooth対応機の構成比は数量ベースで前年14%から22%、金額ベースで前年27%から45%に拡大した。
 

1/2ページ

最終更新:2/14(水) 20:35
アスキー