ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

グーグルとウーバーの和解が成立、自動運転技術の盗用問題

2/14(水) 21:15配信

レスポンス

グーグル(Google)の自動運転車開発部門、「ウェイモ」が、ウーバーとその子会社を、「自動運転技術の盗用があった」と訴えている問題。この問題に関して、和解が成立した。

ウェイモの主張によると、アンソニー・レバンドウスキー氏がグーグルを退職した2016年1月、自動運転車の中核技術のひとつで、レーザー光を使って車両の周囲の物体までの距離などを検知する「LiDAR」(ライダー)と呼ばれる技術の設計図など、1万4000点以上を持ち出したという。

ウェイモは「ウーバーは、アンソニー・レバンドウスキー氏が持ち出した技術を導入して、自動運転車の開発を進めている」と、ウーバーを提訴。一方のウーバーは、ウェイモの主張に対して、「盗用はない」と反論していた。

今回、ウェイモとウーバーの間で、この問題に関する和解が成立。その内容は、ウーバーがウェイモに対して、およそ2億4500万ドル分のウーバー株を譲渡するというもの。これは、ウーバーの全株式の0.34%にあたる。

和解を受けて、ウーバーのダラ・コスロシャヒCEOは、「我々は行動の仕方を変え、すべての決定の中核に誠実さを置く。未来に向けた大きな競争を楽しみにしている。レースは公正でなければならない」とコメントしている。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:2/15(木) 0:23
レスポンス