ここから本文です

パリSGが大事に育ててきた“真珠”...大型補強のなかで定位置奪取したラビオ

2/14(水) 21:07配信

GOAL

近年大型補強を敢行してきたパリ・サンジェルマンだが、そのなかで一人のカンテラーノ(下部組織出身選手)が定位置を奪取している。

MFアドリアン・ラビオは13歳でパリSGに入団した。パリ生まれ、パリ育ちの彼は順調に成長を続け、2012年に当時監督だったカルロ・アンチェロッティ氏の下でトップデビューを飾った。

初のチャンピオンズリーグ制覇を願うパリSGは、その後MFアンヘル・ディ・マリア、ユリアン・ドラクスラーらを次々に獲得して中盤を補強した。しかしながらラビオは現在、ウナイ・エメリ監督の下でレギュラーポジションを確保している。

パリSGと2019年まで契約を結んでいるラビオ。パリSGは近い将来彼を主将に任命することを検討しているという。

GOAL

最終更新:2/14(水) 21:07
GOAL

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合