ここから本文です

Googleの「Pixel」シリーズ、2017年の出荷台数は390万台

2/14(水) 12:14配信

ITmedia Mobile

 「米GoogleのPixel端末の出荷台数は伸びており、2017年の出荷台数は390万台だった。とはいえ、15億台という市場サイズに占める割合はまだ小さい」──。米調査会社IDCのアナリスト、フランシスコ・ジェロニモ氏は2月13日(現地時間)、こうツイートした。

 同氏のツイートについたコメントでのやり取りによると、これは先代を含むすべてのPixelの出荷台数という。前年より倍増したと説明しているので、累計でおよそ585万台になる。Googleは初代「Pixel」および「Pixel XL」を2016年10月に、現行の「Pixel 2」および「Pixel 2 XL」を2017年10月に発売した。米国、オーストラリア、カナダ、ドイツ、インド、英国などで販売しており、日本では購入できない。

 ちなみに、米Appleの2017年通年のiPhone(すべてのモデル)の出荷台数は2億1676万台だった。

 ジェロニモ氏は12日には、アンディ・ルービン氏の米Essential Productsが2017年8月に発売した「Essential Phone」の2017年通年の出荷台数は9万台以下だったともツイートした。

【訂正:2018年2月14日13時41分 初出時に、スマートフォンの総出荷台数が150億としていましたが、正しくは15億です。おわびして訂正致します】

最終更新:2/14(水) 13:44
ITmedia Mobile