ここから本文です

原 誇り高きメダル1号、重み実感 渋谷の子でも雪上で輝ける

2/14(水) 6:01配信

スポニチアネックス

 ◇平昌冬季五輪 フリースタイルスキー・モーグル男子

 小さく思いを吐き出した。「やったんだ」。そう言わないと、あふれる思いに耐えられそうになかった。表彰台の上で感極まった表情が浮かぶ。「何も知らずに首にかけたら、首が持っていかれそうなぐらい重かった。五輪のメダルってこんなに重いんだ」。メダルセレモニーで感じたその重さが、原大智(20=日大)に快挙の意味を教えてくれた。

 東京都渋谷区出身。雪とは縁の薄い都会からモーグル日本男子初のメダリストは誕生した。「雪が降らない、降ったら交通がマヒしてしまう都市部。冬季の種目でメダルを獲れたのは誇り」。冬季五輪で東京出身のメダリストは3人目だが、スキーでは初めて。「歴史に名を刻めたのが本当にうれしい」としみじみ語った。

 12日の決勝は6人で争う3回目を最終滑走で迎えた。「なぜか失敗する気がしなかった。楽しくて早く滑りたくて仕方がなかった」。これまでW杯自己ベストは4位、今季も9位が最高だった。だがコブを攻めて82・19点。3位に決まった瞬間は「頭が真っ白になった」と無印から表彰台に駆け上がった。

 昨年の世界選手権を1学年下の堀島行真(中京大)が制し「僕は目立ちたがり屋。行真ばかり注目されていた時期はつらかった」と反骨心を力に変えた。完璧な滑りで優勝したキングズベリー(カナダ)には差をつけられただけに「昔からの夢である金メダルは絶対獲りたい」と涙でにじんだ瞳の先に4年後を見据えた。

 ◆原 大智(はら・だいち)1997年(平9)3月4日生まれ、東京都渋谷区出身の20歳。小学時代に競技を始め、中学卒業後にカナダ留学。17年に拠点を日本に戻す。スピードのあるターンが持ち味。W杯最高位は4位。昨年3月の世界選手権は23位だった。1メートル72、75キロ。