ここから本文です

マンチェスター・C主将コンパニ、敵地でバーゼルに快勝も慢心はなし

2/14(水) 8:28配信

GOAL

マンチェスター・シティのベルギー代表DFヴァンサン・コンパニは、チャンピオンズリーグベスト8進出に大きく近づいたものの、慢心はない。『BTスポーツ』が報じている。

マンチェスター・Cは13日にチャンピオンズリーグ決勝トーナメント一回戦でバーゼルと対戦。敵地での一戦であったが、イルカイ・ギュンドアンの2ゴールもあり、4-0で快勝。相手を支配しての勝利だっただけに、キャプテンでCBに入ったコンパニは「仕事は守備とこぼれ球を拾うことが半々だったね」と語っている。

4点差でホームのエティハド・スタジアムへ戻ることになるが、コンパニに慢心はない。

「こういった状況は経験があるが、油断してはいけない。エティハドで3-2や2-2で終われば、いい感触で次のラウンドに進めないだろうしね」

GOAL

最終更新:2/14(水) 8:28
GOAL

スポーツナビ サッカー情報

今日のJリーグ 試合情報

J1

海外サッカー 日本人選手出場試合