ここから本文です

1型センサー&15倍ズーム パナソニックのコンパクトカメラ「LUMIX TX2」

2/14(水) 13:11配信

Impress Watch

パナソニック株式会社は、1型イメージセンサー採用のレンズ一体型カメラ「LUMIX TX2」を3月15日に発売する。光学15倍ズームをはじめ、被写体への対応力に優れるトラベルズームモデル。

【この記事に関する別の画像を見る】

希望小売価格はオープン。店頭予想価格は10万円前後の見込み。

■光学15倍ズームレンズ

前モデルLUMIX TX1(2016年3月発売)は、1型センサー搭載のポケットタイプモデルとしては異例の光学10倍ズームレンズが特徴だった。

後継モデルのTX2では、TX1をしのぐ光学15倍ズームレンズを搭載。35mm判換算での焦点距離は24-360mm相当(TX1は25-250mm相当)。開放F値はTX1のF2.8-5.9より暗くなり、F3.3-6.4になっている。

さらに、広角端でレンズ前3cmまで被写体に寄れるマクロ性能を持つなど、幅広い被写体対応力を有している。

■倍率0.53倍のEVF

0.21型とほぼ同サイズのパネルサイズながら、ファインダー倍率が0.45倍から0.53倍へとアップ。そのため、TX1より見やすくなっている。ドット数は233万ドット。

■液晶モニターが高精細化

3型124万ドット相当のタッチパネルタイプを採用。TX1は3型117万ドット相当だった。固定式でチルトは非対応。

■Bluetooth LE機能

スマートフォンとTX2がBluetoothで常時接続されることで、スマートフォン側からだけの操作でWi-Fi接続がスタートしたり、撮影するたびに撮影画像がスマートフォンに転送されるようになる。リモートコントロールもBluetooth接続で行われ、TX2の電源ON/OFFもスマーフォンから可能。ジオタグデータの自動転送もBluetooth経由で常時行われるようになる。

■4Kフォトの進化

TX1になかったフォーカス合成と4Kフォト一括保存が実装された。

また、LUMIX GX7 Mark IIIと同様、他のLUMIXにないオートマーキングや軌跡合成も4Kフォト内で利用可能だ。

■撮影可能枚数がアップ

液晶モニター使用時の撮影可能枚数が、300コマから370コマに向上。

ただしEVF使用時は260コマから250コマへと若干減少している。同じくEVF使用時でも、「eco30fps」時は350コマの撮影が可能だ。

■その他の進化

LUMIX GX7 Mark II(2016年5月発売)から搭載されたL.モノクロームがフォトスタイルに追加。絞り/フォーカスブラケットなども新しく装備されている。

■外観

TX1のシームレスなデザインを引き継ぎながら、グリップ部に赤いラインが追加された。レンズ交換式の高級モデル、LUMIX G9 PROやLUMIX GH5Sを思わせる意匠だ。

レンズ周りのローレットおよび焦点距離表記は、マイクロフォーサーズ用レンズ「LEICA DG LENS」と同様のデザインに揃えられた。

■主な仕様

★はTX1からの主な進化

□撮像素子

1型有効2,010万画素高感度MOSセンサー

□レンズ

LEICA DC VARIO-ELMAR
焦点距離24-360mm相当(35mm判換算)F3.3-6.4★
マクロ3cm(広角端)★

□連写

10コマ/秒(AFS)6コマ/秒(AFC)

□EVF

0.21型233万ドット相当★
倍率0.53倍★

□動画

4K(3,840×2,160)30p
FHD(1,920×1,080)60pなど

□記録メディア

SDXC/SDHC/SDメモリーカード

□ワイヤレス通信

IEEE 802.11b/g/n
Bluetooth Low Energy★

□外形寸法

111.2×66.4×45.2mm

□質量

340g(バッテリー、カード含む)
298g(本体のみ)

デジカメ Watch,本誌:折本幸治

最終更新:2/14(水) 15:07
Impress Watch