ここから本文です

北朝鮮ペア、生き生きと〔五輪・フィギュア〕

2/14(水) 12:38配信

時事通信

 北朝鮮ペアのリョム、キム組が演技直前の6分間練習に姿を見せただけで、会場の一角を赤に染めた「応援団」から整然とした掛け声が響いた。やや異様な雰囲気の中、初の五輪リンクで伸び伸びとした好演。自己ベストを大幅に更新してフリー進出も決め、2人は喜びを爆発させた。
 並んで跳ぶ3回転トーループ、キムが女性のリョムを投げるスロー3回転ループは加点の付く鮮やかなジャンプだった。技が決まるたびに大きな歓声が上がり、キムは「韓国側も北朝鮮側も応援してくれてとても励みになった。一つの民族だとしみじみ感じた」と韓国の観客にも感謝した。
 3位に入った1月の四大陸選手権の後、キムは五輪へ向け「自分たちへの挑戦。得点を伸ばしたい」と話していた。その言葉通り、力強く生き生きと表現した。(時事)

最終更新:2/14(水) 14:29
時事通信