ここから本文です

甲子園出場機に「おとくに」全国にPR 京都・大山崎

2/14(水) 15:50配信

京都新聞

 京都府大山崎町役場(同町円明寺)の庁舎前に、春の選抜高校野球大会に出場が決まった乙訓高(長岡京市)を祝福する懸垂幕が掲げられている。同町は乙訓郡を冠する唯一の自治体。郡名を校名とする乙訓高応援と地名PRを繰り広げている。
 懸垂幕はセンバツ出場校発表があった1月26日に掲出された。赤字の「祝」に続けて、「乙訓高校 甲子園出場」と黒字で大書きしている。同高は町にも近接しており、卒業生の町民も多いため町としても祝意を寄せることを決めた。
 山本圭一町長は「野球部が、甲子園への切符をつかみ取ったことは、地元住民に明るい話題と勇気を与えてくれた。乙訓の名を背負っての活躍を町民とともに応援していく」と話している。
 大山崎町は乙訓高の試合当日、町役場ロビーでパブリックビューイングを開催する方向で調整している。

最終更新:2/14(水) 15:50
京都新聞