ここから本文です

「イルマ」被害、保健業界のコストは18.3億ユーロに=仏業界団体

2/14(水) 14:36配信

ロイター

[パリ 13日 ロイター] - 昨年9月にカリブ海地域に甚大な被害をもたらしたハリケーン「イルマ」について、フランスの保険業界団体であるフランス保険連合(FFA)が13日、保険会社のコストが18億3000万ユーロ(22億6000万ドル)に達する可能性があるとして、見通しを上方修正した。

それまでは、8億3000万ユーロと推定していた。

FFAは文書で「イルマの被害を受けた個人および企業資産の修復のため、これまでに保険会社が支払った金額は約5億ユーロで、加入者の62%超が支払いを受けている」と説明した。

最終更新:2/14(水) 14:36
ロイター