ここから本文です

【フェブラリーS】馬体診断テイエムジンソク

2/14(水) 12:00配信

デイリースポーツ

 「フェブラリーS・G1」(18日、東京)

 出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評のある僚紙・馬サブロー調教班の佐野裕樹(美浦)、竹原伸介(栗東)の両トラックマンが、出走を予定する各馬をA~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

【写真集】18年JRA・G1第1弾!有力馬の馬体を徹底チェック

 【テイエムジンソク 評価A】

 体重や体調に大きな変動がなく、安定した状態をキープできるタイプ。顔つきは相変わらず精悍(せいかん)で、徐々に風格が出てきたのはいい傾向だろう。

 肩や胸前の筋肉量がダウンしておらず、トモのボリューム感も失っていない。下腿(かたい)に浮き出た血管から皮膚の薄さが見て取れる。6歳を迎えて昨秋に比べると一戦ごとに馬体に白さが増してきたが、その分、前走時よりも毛ヅヤを良く見せている。(馬サブロー栗東・竹原伸介)

 〈1週前追い切り診断〉栗東CWで6F84秒6-37秒7-11秒9(一杯)。序盤はゆったり入り、4Fからグンと加速して、スピード感十分の動きを披露。追われてからの反応もシャープだった。好調をキープしている。

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ