ここから本文です

【スピードスケート】銀メダルの小平奈緒「自分の好きなように氷を味わおうと」

2/14(水) 20:55配信

東スポWeb

【韓国・江陵14日発】平昌五輪スピードスケート女子1000メートルで、銀メダルを獲得した小平奈緒(31=相沢病院)は「今日はとにかく順位とかメダルよりも、氷としっかり会話して、自分の好きなように氷を味わおうと。600メートルのラップまではかなりいい形でこれた。最後はちょっと落ちたが、しっかりと諦めずにゴールラインの先まで実力を出し切れた」とすがすがしい表情だった。

 この種目の世界記録保持者として優勝候補本命。それでも五輪記録を出したヨリン・テルモルス(オランダ)に及ばず「(テルモルスは)素晴らしいタイムだなと感じた。気圧が下がってきているので、タイムが出ると予想していた。私もこのぐらいのタイムで滑れるかなという思いと、そうはいってもしっかり自分に集中しなきゃなと思っていた」と話した。

 銅メダルの高木美帆(23=日体大助手)とともに表彰台に上がったが「もう一段高いところで2人で並べたら最高だったんですけれど、残すはお互いあと1種目なので、それぞれの舞台でしっかり実力を出し切れたらいいなと思う」と大本命種目の500メートル(18日)に切り替えた。「今回のことは忘れて、得意の500メートルに集中したい」と次こそ表彰台のてっぺんを目指す。

最終更新:2/14(水) 21:06
東スポWeb