ここから本文です

【フェブラリーS】馬体診断サンライズノヴァ

2/14(水) 12:00配信

デイリースポーツ

 「フェブラリーS・G1」(18日、東京) 出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評のある僚紙・馬サブロー調教班の佐野裕樹(美浦)、竹原伸介(栗東)の両トラックマンが、出走を予定する各馬をA~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

【写真集】18年JRA・G1第1弾!有力馬の馬体を徹底チェック

 【サンライズノヴァ 評価A】

 脚長の体形で芝でも、と思う人がいるかもしれないが、つなぎが立っておりクッション性が低い点からもダート向きは間違いない。

 昨秋の武蔵野Sで大敗を喫したが、当時の体重はデビュー以来最低のもの。今回は馬体をふっくらと見せており、レース間隔は詰まったが維持できている。肩や胸前の筋肉はボリュームがあり、馬体の張りも上々だ。

 スラッとして背が高く見えるが、胴の長さは短くない。1400から1800メートルが守備範囲だろう。(馬サブロー栗東・竹原伸介)

 〈1週前追い切り診断〉11日に栗東坂路で4F57秒8-43秒4-14秒4(馬なり)。レース間隔を考慮して軽めの内容だが、激走の反動はなさそうだ。

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ