ここから本文です

東電労組、年収3%増を要求=人材確保で

2/14(水) 13:00配信

時事通信

 東京電力労働組合は14日、2018年の春闘交渉で、一般社員の年収水準の3%引き上げを経営側に要求することを決めた。東京電力ホールディングスは福島第1原発の廃炉推進へ巨額の費用の捻出を迫られているが、同労組は人材の維持・確保などに年収増が必要だと訴える。 

最終更新:2/14(水) 15:27
時事通信