ここから本文です

湯浅、左膝を手術=出場問題なし―アルペン男子〔五輪・アルペン〕

2/14(水) 13:29配信

時事通信

 【平昌時事】平昌五輪で22日にアルペンスキー男子回転に臨む湯浅直樹(スポーツアルペンク)が左膝のクリーニング手術を受けていたことが14日、明らかになった。滝下靖之コーチによると、膝の痛みが引かないため1月中旬の欧州遠征を切り上げて帰国した後、内視鏡手術で遊離軟骨を除去した。現在は回復して痛みもなく、競技出場に問題はないという。
 湯浅は今月上旬には長野・菅平高原で雪上練習を再開した。15日に韓国入りする予定。同選手は2006年トリノ五輪で7位に入賞し、2大会連続3度目の五輪代表入りを果たした。

最終更新:2/14(水) 13:35
時事通信