ここから本文です

<平塚乳児傷害致死>元保育士に懲役10年の実刑判決

2/14(水) 19:55配信

毎日新聞

 神奈川県平塚市の認可外保育所で2015年12月、生後4カ月の男児に暴行を加えて死亡させたとして傷害致死罪に問われた元保育士、角田悠輔被告(36)に対し、横浜地裁は14日、懲役10年(求刑・懲役13年)の判決を言い渡した。深沢茂之裁判長は「無罪主張する被告の供述は不自然、不合理で信用できない」と退けた。

 弁護側は「(男児の)けがは保育所に預けられる前に生じた」と主張していたが、判決は脳神経外科医らの証言から「保育所に預けられた後に生じた」と認定。防犯カメラの映像などから「被告以外に犯行可能性のある人物はいない」とした上で、「子どもを健全に育むべき保育士の職責に真っ向から反するもので、許されない」と量刑理由を述べた。

 判決によると、角田被告は15年12月6日未明、平塚市の認可外保育所「ちびっこBOY」で、生後4カ月の出縄望翔(いでなわりんと)ちゃんに暴行を加え、頭の骨を折るなどして死亡させた。

 角田被告は、当時1~6歳の女児15人にわいせつ行為をし、撮影して保存したとして、強制わいせつと児童ポルノ禁止法違反(製造)罪で横浜地裁から懲役15年の判決を受け、弁護側が控訴している。【木下翔太郎、国本愛】

最終更新:2/14(水) 19:55
毎日新聞